度を超えたユニーク!タイの秘境・地獄寺に潜入してみました

地獄寺

 

 

みなさん地獄寺って知ってますか?

 

 

仏教の教えを子教えるものとして作られた

日本でいう蝋人形館のような施設です。

 

地獄の恐ろしさをよりリアルに表現し、

「悪いことをするとこんな大変な地獄に落ちるよ」

ということを教えてくれます。

 

 

子供のときにこれ見たら、確実にトラウマです。

お子様の道徳教育にいかがでしょうか。

 

今回はタイの地獄寺

 

「ワット・セーンスック」

 

をご紹介いたします。

 

バンコクからバス(というよりバン)で2時間

バンセンビーチのエリアにあるわりと大き目な施設です。

 

 

ワット・セーンスックはその外観からもともとはテーマパークだったようでかなり広いです。

チケット売り場らしきものも、もはや廃墟ですが・・・・そして全く人がいない。

 

なんか地元のカップルみたいなのとか、おばあちゃんとかが座ってボーっとしてるだけ。

あと犬。

 

とても静かでただならぬ雰囲気がありました。

 

ちなみに地獄寺ゾーン以外にも変な像が盛りだくさんなので、かなり楽しかったです(個人の見解です)

 

神様ゾーン

 

入口は仏陀の物語です。

神様や動物たちのイキイキ?とした像が並びます。

一応お寺なのでお坊さんもいて、お祈りされています。

 

有難い雰囲気

偉い方たち

ジャングル大帝的な何か

悟られた雰囲気

 

地獄ゾーン

ここからなんか空気が変わります。

 

とにかく不気味で気持ち悪くて迫力満点で最高!!!

 

一体誰が?どうやって?

作った人の心情を想像してしまいます。

 

 

鍋で煮込まれる人間からスタート!

地獄にお住いの皆さん

想像を超えてくるエビモンスター

とにかく人数がすごい

怖すぎる閻魔大王様

目潰し

多分すごい熱々

最悪

 

 

とにかくありとあらゆる拷問が

表現されていて圧巻でした!!(色んな意味で)

 

 

いろんな宗教の像を作ってみたゾーン

 

ここからコンセプトが崩壊していきます。

なぜ?どうしてここに?の連続。

でも像のクオリティが凄いので歩いてるだけで楽しいです!

 

 

インドからのゲスト

やたらダイナミックな構成

臨場感!

奥までずらりと並びます

なんでも祀ってみる

 

ワット・セーンスックへの行き方

 

いかがでしたか?

この記事をみて行きたくなってしまった方がいらっしゃいましたら、以下の行き方をご参考ください。

 

 

バンコクのBTSエカマイ駅へ

 

2番出口をおりて数メートルの場所にバスターミナルがあります。

 

 

バスターミナル内のチケット売り場で「バンセン」行きを買います。

(確か100バーツくらい)

 

 

そこからバスで1時間半くらい

注意:他の方のブログだと結構立派なバスでしたが私たちが乗ったのは

   完全にバンでした!飲み物を入れるポケットもございません。  

   超どローカル具合に胸が震えました。

 

車内の写真

 

 

バンセンエリアに到着!

レムトンという、イオンみたいなショッピングモールの前につきます。

 

ここから私たちはGlabをつかってタクシーをチャーターしていきました。

 

 

なぜなら地元の人も知らない可能性があるので流しのタクシーだと面倒だったからです。

Glabだと先に行き先を指定してから、運転手とマッチングできるのでその心配なし!

おススメの行き方です。

 

 

ちなみに地獄寺からレムトン・ショッピングセンターに戻るのも

Glabを呼び出しました。

 

地獄寺は森の中にあるのでタクシーを拾うのはかなり難しいです。

 

 

外。迷子になったらおしまい

 

 

 

レムトンショッピングセンターで時間つぶし

 

帰りのバスはレムトンの裏にあるチケット売り場でチケットを買い、時間になったらチケット売り場のそばにある待合所に行けばOK。

 

時間つぶしにレムトンを散策しました。

 

 

ほ~~~んとイオン!

 

 

地元民の集い場所って感じです。特にローカルを感じたのはレストランでタイ料理が食べられないこと。

ほとんど日本のラーメンや中華や韓国料理でした。

 

 

そりゃそうだ。地元の人が来る場所だから。ちなみに英語もあんまり通じないです。

 

スタバはありますのでご安心を。

 

この記事をみて地獄寺に興味をもった方は

是非!地獄チャレンジしてみてください!!

 

 

 

コメント

  1. […] 度を超えたユニーク!タイの秘境・地獄寺に潜入してみました […]

タイトルとURLをコピーしました